自分に合った育毛剤の選び方

まれに体質に合わないこともある、育毛剤の副作用とは

・はじめに

 

 

 

薄毛で悩んでいる人にとって育毛剤は是非試してみたいものです。

 

しかしどんな成分でも同じですが、無理に体質を変えようとすることで身体がバランスを崩してしまい、副作用が起きる可能性があります。

 

育毛剤の副作用について知っておきましょう。

 

 

 

・頭痛やめまいの副作用

 

 

 

最近育毛効果があるとして注目されているのが「ミノキシジル」という成分です。

 

ミノキシジルは頭皮を柔らかくして血行を促し、酸素やその他の栄養分が届き易くすることで発毛を促進するという効果があります。

 

元々高血圧の為の薬として開発されたものですが、服用した患者の多くに発毛効果が見られたことで、育毛剤に使用される様になりました。

 

ミノキシジルに含まれている血管拡張剤により血圧を下げる効能がある為に、血圧の低い人には向いていません。

 

副作用としては、急に血圧が下がる為に頭痛やめまいを起こすという症状があります。

 

少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止することが大切です。

 

 

 

・男性機能に影響が出る

 

 

 

育毛剤のプロペシアには、AGAの原因である男性ホルモンを抑制する効果のある成分が含まれています。

 

しかしこの成分により、男性機能が低下するという副作用も見られるのです。

 

全体の5%と非常に数は少ないのですが、性欲減退や胃腸不良等の症状を起こすケースがあります。

 

但し男性機能に関しては他に要因があることが多く、一概にプロペシアの副作用とは言い切れません。

 

 

 

・皮膚の炎症やアレルギー

 

 

 

どの様な薬剤でもまれにアレルギー体質の人がいるものです。

 

例えば天然由来成分は頭皮や肌に優しいとされていますが、体質的に合わなければアレルギーが出る人もいます。

 

育毛剤は体質を変える為に使用するものですので、身体が拒絶反応を起こしても不思議はありません。

 

頭皮に直接補給する育毛剤での副作用としては、湿疹や炎症、中には目が腫れるという人もいます。

 

サプリメントタイプの場合肌に優しいと思うかも知れませんが、体質によってはじんましんが出ることもあるのです。

 

 

 

・おわりに

 

 

 

育毛剤は効果の対象が頭皮ですので、内臓機能に異常をきたす様な副作用は起こりにくいとされています。

 

しかし全ての人に副作用が起きない医薬品・医薬部外品というものはないのです。

 

突然重篤な症状を起こす可能性は低いので、使用してみておかしいと感じたら中止して様子を見ます。

 

他の製品を使用しても同じ症状が起きるとしたら、育毛剤に含まれている成分による副作用と言えます。

 

参考:育毛剤ランキング決定版